2月15日(土)「きょうされんなかま交流会」に利用者さん2名と職員2名で参加しました。会場は東彼杵町にある千綿児童体育館で、県北や県央の事業所の方を中心に100名程が集まりました。交流会では「風船トス」「〇×クイズ」「じゃんけん列車」「おたまリレー」「ビンゴ」等の競技があり、体を動かしたり、考えたりと利用者さん達はとても楽しそうでした。「ビンゴ」では、カードとにらめっこしながら、発表される番号に一喜一憂していました。最後には景品と風船を持って記念撮影!!とても楽しい交流会となりました。


 









2月12日(水)〜2月26日(水)の間の10日間、長崎大学教育学部の学生2名が『保育実習』に来ました。4つの部署を順番に回り、それぞれの活動や作業を利用者さんと一緒に行いました。利用者さんやスタッフともすぐに打ち解け、休憩時や昼食時は楽しそうに会話が弾んでいました。実習の感想を伺うと「最初はちょっと緊張しましたが、すぐに利用者さんとも仲良くなり、楽しかったです。」との事。今回の『ほほえみの家』での経験を今後に活かしてもらえると嬉しいです!